基本的にお返しは半額から3分の1程度

まず始めに覚えておいていただきたいのが、出産内祝いをただのお返しだと考えると大変失礼なことをしてしまう恐れがあるということです。
例えば、あなたが2万円のお祝いを頂いたとしますよね。
基本的には、出産内祝いでお返しをする際には、頂いたお品物の金額から見て、およそ半額から3分の1程度の金額となるものをお返しとするのが良いとされていますので、1万円程度のカタログギフトを選んだとしましょう。これはOKなパターンです。

例外もある

じゃあ、次に20万円のお祝いをもらったとしましょう。
この場合、10万円程度のお返しをすればいいのでしょうか。
これは場合によって変わってきます。
この二つの例えでは、恐らくその線引きは曖昧なので少し伝わりにくいかもしれませんが、要は「高価なもの」をお返しすればOK、相場さえ守ればOKではないということです。
例えば会社の上司が奮発してお祝いをしてくださったときに、高価なお祝いを頂いたとします。これに対して、律儀に半額程度のものを贈ればそれはマナー違反であり、失礼だと捉えられてしまう場合があるのです。
親族等に対しても同様の場合があります。
お返しを贈る相手の方が目上の方である場合は、相手を立てる意味で控えめにお返しをするのが無難と言えるでしょう。

  • 1