1. 最低限の出産内祝いマナー

最低限の出産内祝いマナー

最低限のマナーを守る

出産内祝いを贈る際には、最低限のマナーを守ることがとても大切です。
お祝いに対して、お返しをするというのが基本的なやり取りのため、確かにあまり難しく考えることはないのですが、それでも色んな方々と交流をすることになりますので、ちょっとしたことがとても失礼なことになったりもするもの。
自分にとっての普通のことが、必ずしも相手も同じように普通だと取ってくださるとは限らないので、やはりここはしっかりと失礼のないように、自衛していくのが無難です。

相手と自分の関係性と時期に注意

では、出産内祝いにおける最低限のマナーにはどのようなものがあるのでしょうか。
少しご紹介してまいりたいと思います。 まず、お返しをする際の金額相場についてです。
一般的にはいただいたお品物の半額程度から3分の1程度の金額のものをお返しするのが良いとされており、極端に高くても、安くても、あまり良くないとされています。
先ほども述べたように、相手の方と自分との関係性によっては、しっかりと相手を立てなければならないこともありますので、そこは気を付けておきたい所ですね。
続いては、贈る時期です。
これは出産からおよそ1ヶ月程経ったころが良いとされています。
あまりにも贈るのが遅すぎると、これも失礼だと相手に感じさせてしまうことがありますので、贈り忘れ等は特にないように気を付けてください。
相場と品物を贈るタイミング、この2点についてはくれぐれもマナーを厳守してくださいね。